妊娠中にパーマやカラーをしても大丈夫?おしゃれママの悩み

妊娠中でもおしゃれはしたいですよね。

髪の毛がプリンになってきたとか

パーマがとれてきたと悩む人も多いと思います。

 

しかし、出産してからは育児で美容室に行く時間がありませんよね。

他に気になることは、

カラーやパーマをすることで胎児に悪影響を及ぼすことはないかということです。

Sponsored Link


今回は、『妊娠中にパーマやカラーをしても大丈夫?おしゃれママの悩み』

として、

妊娠中のカラーやパーマについて紹介します。


妊娠中にパーマやカラーをしても大丈夫?おしゃれママの悩み

 

13e93efc41ce14134a2845e6936f2dd4_s

妊娠中にカラーやパーマをすることで胎児に悪影響するのか。

カラーをするときにカラーリング剤や、

パーマをかけるときにパーマ液を使用します。

 

この1つが頭皮から体内に入り込み、

胎児の所に行き影響を及ぼしたと言うデータはありません。

 

しかし、胎児に影響はないから安全だとも言い切れないのです。

なのでお医者さんによっては、

胎盤が完成していない妊娠初期にはカラーもパーマもしない方がいいと言われています。

 

また、妊娠後期になるとお腹が大きくなるので同じ体勢で座っていたり、

お腹が張ってしまうので控えるように言われています。

 

今までカラー剤やパーマ液を使用して胎児に移行したと言う問題もありませんので

使用しても問題ないと考える人が多いのです。

もし妊娠中にカラーやパーマをしたいという人はお医者さんに相談してみましょう。

 

ただ、カラー剤に含まれる物質「パラフェニレンジアミン」

パーマ液に含まれる物質「臭素酸ナトリウム」や「臭素酸カリウム」

妊娠中の肌には刺激が強いのでアレルギー反応が起こってしまうかもしれません。

なのでカラー剤に含まれる物質は確認しておきましょう。

 

カラーリングをする時は美容室と市販のどちらがいいのか。

1a1801a083877a4a399f2913310612f5_s

市販のカラー剤は、薬事法に基づいて承認得ていますが、

明るく染めるためにジアミンが含まれています。

 

妊娠中は肌が敏感なので肌トラブルが置きやすいのです。

カラー剤によって妊娠中の使用は控えるようにと

表記されているものもあるので確認してから使用しましょう。

 

また、美容室の場合、ジアミンなど肌に悪影響があるカラー剤を使用せずに、

他の成分が入ったカラー剤を使用してもらうように頼みましょう。

 

天然ヘナ カラーリング

100%天然植物性のカラーリング剤の『天然ヘナ』。

通常のカラーリングに比べたら非常に身体にやさしいようですよ!

100均ショップダイソーでも購入することができますっ

IMG_4990

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラルブラウン

IMG_4991

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラルオレンジ

トライしてみたいですねっ



youtube動画↑

カラーリングのヘナも色んな種類があるようですね♪

 

妊娠中のカラーリングやパーマのデメリット

Sponsored Link


カラーリングやパーマをするときは、

長い時間椅子に座っていなければなりません。

 

特に妊娠後期になるとお腹が大きいので同じ体勢でいると

腰やお腹に負担がかかります。

美容室に行く前に妊娠していることを伝えて座りやすい椅子を用意してもらったり、

時間がかからないようにしてもらうなどをお願いしましょう。

 

他には、カラー剤やパーマ剤の匂いで気分が悪くなってしまうことがあります。

妊娠初期はつわりがあるのでつわりがなくなってからカラーやパーマをすることをお勧めします。

 

まとめ

妊娠中のカラーやパーマについてまとめてみました。

カラーやパーマをしても胎児には影響がないものの、

妊婦さんには肌トラブルが起こってしまうと言うことです。

 

肌トラブルが起こらないような成分が入っているものにしてもらったり、

妊娠中は控える必要があります。

どうしてもカラーやパーマをしてもらいたい場合は、

事前に美容室に電話をして妊娠中であることを伝えましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ