喪中はがきは郵便局では売ってないって?切手にもマナーが!




年末が近づくと、本当にやることがたくさんあって、

どれから手を付けたらいいかわからなくなってしまいますよね?

 

でも、もし身内に不幸があった場合はなるべく最優先で、

喪中はがきの準備と用意はしておきましょう。

Sponsored Link


喪中はがきを初めて扱う方もいらっしゃると思います。

どこで購入するのか?

どんなマナーがあるのか?

わからないことが多いと思います。

 

今回は、『喪中はがきは郵便局では売ってないって?切手にもマナーが!』

としまして、

喪中はがきについて色々ご紹介したいと思います。

 


喪中はがきは郵便局では売ってないって?切手にもマナーが!

 

Print

できれば、喪中はがきを扱うことがない年末に、

越したことはありませんが、生きていく上でどうしても必要にかられることもありますね。。

 

喪中はがきはどこで買える?

『はがき=郵便局』と、日本人なら思ってしまいますが、

以前は、郵便局では『喪中はがき』とした名目のはがきは販売していなかったようですが、

現在は、郵便局でも文面が印刷された『喪中はがき』が販売されています。

 

その他にも、100均ショップ・コンビニ・家電量販店・スーパーのレジ横、デパート(百貨店)

写真店・文具店などでも販売されています。

 

結構、幅広く取り扱っているところが多いので助かります。

 

喪中はがきの切手のマナー

喪中はがき(私製はがき)に切手を貼るときには、それなりのマナーがあります。

郵便局で販売されている、葦(ヨシ)に流水の模様の切手は、

弔事用として販売されていますので、私製はがきにはそちらを使うのがいいでしょう。

 

弔事用として販売されていますので、もし切手が余ってしまった場合に、

弔事以外のはがきには使用しないほうが無難ですね。

手数料はかかってしまいますが、郵便局で通常の切手に交換していただくことも

できますよ。

 

自分で書く?印刷を注文する?

Sponsored Link


はがきを送る数が少ない場合は、自分で書くのがいいかとおもいます。

ただ、字を書くのが苦手な方もいらっしゃると思うので、

印刷を注文するのがいいですね。

 

送る枚数が多い場合は、印刷注文のほうが無難かと思われます。



自分で書くとなると、文面を考えたりと結構な時間を要しますので、

お忙しい方には負担になります。


早割もありますので、オトクに注文するにはなるべく早く

注文しましょう。

 

未使用の通常はがきを喪中はがきに交換できる?

お家に使わないで(未使用で)取っておいた通常はがきや、

年賀はがきはお持ちですか?

 

もしお持ちなら、

切手の時と同様に手数料を支払えば、郵便局で交換してもらえます。

この機会に、引き出しで眠っているのに価値があるはがきを、

使用目的のはがきに交換してみてもいいですね。

 

まとめ

以前は、郵便局では『喪中はがき』という名目のはがきを取り扱っていなかった

というのは、結構意外ですよね。

 

現在は、いろんな場所で手に入るので便利になりました。

 

喪中はがきは相手方に11月の中旬ころまでに着くように送るのが通常です。

年賀状を準備し始める方もいらっしゃいますので、期限は気をつけましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ