風呂の床の黒ずみは何が効く?重曹・クエン酸・カビキラー?

ほぼ毎日お風呂に入る習慣のある日本人にとって、

お風呂がリラックスできる唯一の場所で、家の中でもお気に入りと応える方も

多い場所ですよねっ♪

 

特に、女性のお風呂好きな方は多くて、

憧れの有名モデルや女優さんが

『休みの日には半身浴で半日過ごしちゃいます~~~☆』なんていうのを聞いちゃったら、

自分もそうせずにはいられなくなるファンも多いです^^

Sponsored Link


湿度が高いので特に冬の季節には美肌効果もあがりますよね♪

でも、その分カビが生えやすい場所です。

 

バスタブは比較的毎日掃除して、そんなに汚れも気になりませんが、

お風呂の床はある時急に黒カビになってあらわれます、、、

 

今回は、『風呂の床の黒ずみは何が効く?重曹・クエン酸・カビキラー?』

として、

お風呂の床の黒ずみには、何が効果的かをご紹介したいと思います。


風呂の床の黒ずみは何が効く?重曹・クエン酸・カビキラー?

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s

放っておくと、石鹸カスや皮脂の汚れが床にこびりついてしまって、

湿気とともに黒ずみに変身しちゃいます、、

こんな汚いのを見てしまったら、

せっかくの綺麗になるための浴室に入りたくなくなってしまいますよね?

 

お風呂の床の黒ずみには重曹?

何かとお掃除の時に活躍するのが『重曹』。

今では、一家に一袋はかならずあると言ってもいいくらい?^^

100均ショップで手に入るので、助かります。

IMG_2551

 

 

 

 

スプレータイプも100均で手に入ります!(セリア↑)

 

黒ずみがただの汚れの場合でしたら、『重曹』で落ちますよっ

頑固なタイプですと、重曹の粉を黒ずんでいるところにしっかり多めにふりかけて、

重曹が流れないくらいの水(またはお湯)を上からかけて、

しばらく放置します。(汚れ具合により時間は調整しましょう)

 

いわゆる、ペースト状にしてしっかり汚れに浸透させるイメージですねっ!

ある程度時間がたったら、ゴシゴシと更に磨いてあげると(床が傷つかない素材のもの)

スッキリ!きれいに仕上がります!

 

もし、黒ずみが黒カビの場合は、重曹だけでは解決しません!

 

お風呂の床の黒カビにはクエン酸!

Sponsored Link


重曹だけでは黒カビには太刀打ちできませんので、

クエン酸を使用しましょう!

クエン酸も100均ショップで手に入りますっ

 

クエン酸を↑の重曹の時のように、

汚れの上にまんべんなくしっかりとふりかけてペースト状にして

ある程度放置しましょう。

 

その後、ゴシゴシと同じように擦れば綺麗になります。

 

黒カビの場合『カビキラー』のような塩素系の漂白剤を使うのがとっても手っ取り早いです。

カビとりスプレー

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ダイソー

 

ただ、臭いがかなりキツイのでお子さんが小さいご家庭や、

臭いが苦手な方も多いようですので、選ぶかどうかは好みですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

できれば、毎回お風呂洗いするときに床もしっかり洗ってあげると、

黒ずみや黒カビの発生は低くなりますねっ

 

この時に、壁も洗っちゃいましょう!

シャンプーの泡の飛沫も結構飛ぶので、放置するとカビが生えます。

 

なかなか毎回掃除は、、という方におすすめの

カビが生えにくくなるコツは、お風呂を出るときに、

『冷水』でお風呂全体を、ザ~~~~っとかけて流してあげると(シャワー)、

ある程度の汚れが落ちますので、忙しい時はこれで乗り切りましょう!

あとは、換気をすればOK!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ