ダニのかゆみや腫れで辛い症状をまず市販薬!マダニは病院へ 

かゆいかゆいかゆい~~~!!

ダニに刺されるとたまらない痒みが長きに渡って続きます、、、

最初は、蚊なのかダニなのか何に刺されたかわからないけど、

時間が経つ連れに、痒みの強さや腫れ方が蚊ではないと気づきます。。

 

ダニでも蚊でも刺されたら、早めの対処が功を奏しますので、

お家に市販薬を常備したほうがいいですね!

Sponsored Link


ダニには、ステロイド系の薬が良く効くそうですッ

市販薬でもステロイド系は販売されているので、手軽に手に入れることができます。

でも、ダニの中でも『マダニ』は怖いです、、

 

今回は、ダニ刺されに効くと言われている市販薬や、

ダニに刺される前の対策ダニシートをご紹介したいと思います!

 



 

ダニのかゆみや腫れで辛い症状をまず市販薬!マダニは病院へ

 

654

わたしはダニアレルギーなので、ダニにはかなり敏感です、、

刺されたらまず、即効で常備している市販薬を塗ります。

 

ステロイド系が効くんですが、『ステロイド』という言葉にマイナスイメージを持つ方も

多いと思いますが、使用方法・使用量しっかり守って使うことで、

辛い症状になる前に対処してくれますよ!

 

ステロイド系 虫刺され塗り薬

【第2類医薬品】【池田模範堂】ムヒアルファEX 15g【虫さされ】【ムヒ】

↑使用年齢の推奨は生後6ヶ月からだそうです。

 

【第(2)類医薬品】ムヒアルファS 15g

↑スーッとするタイプなので、顔も使用できますが目の周りなどは注意しましょうね

液体タイプ

 

【第(2)類医薬品】池田模範堂 液体ムヒアルファEX 35mL


ステロイドが入っている薬は、使用方法は使用量を必ず確認してから、

安全に使いましょうね!

 

液体タイプの方が、手も汚れず手軽にチャチャッと濡れます^^

その他にもたくさん種類があるので、自分に合った薬に出会えると嬉しいですねっ

 

怖い怖いマダニ

ダニはダニでも『マダニ』はとても怖いですよね、、

マダニは刺してから、1週間から2週間身体の中に潜んでいるそうです、、

その間、ず~~っと血を吸っているって言うから恐怖過ぎます、、

 

マダニが身体を刺しているのを見つけても自分で無理に引っ張らず、

病院に行って対応してもらいましょう。

無理に引っ張って、マダニの体の1部がまだ人間の身体に残ったままだと、

感染症になる恐れがあるそうです、、

 

全てのマダニが『悪』というわけではないようなので、

マダニに刺されたからといって、パニックにならないようにしましょうね。

 

マダニに刺された症状

Sponsored Link


刺されたらぷっくり数センチ(1センチ~)膨れ上がるそうです。

山や林などに出かけた時に刺されるケースが多いそうなので、

出かけたあとの数日間は気にかけていたほうが良さそうです。

 

マダニに刺されたら最悪なくなってしまう事もあるので、気をつけましょうね。

 

ダニの生息場所と時期と対策

家の中でダニが生息すると言われているワースト3は、

1,布団

2,じゅうたん

3,ソファー

と一般に言われています。

 

20°から30°の気温を好むとされていて毎年6月から10月くらいまで、

活発に繁殖しているそうです。。

この時期は特に気をつけましょう!

対策としては、ダニシートがオススメです。

100均ショップのダイソーやその他のキャンドゥなどでも販売されてます♪

IMG_3541

IMG_3542

ふとんやソファ、じゅうたん・カーペットに置くだけという優れもの!

 

殺虫剤不使用の商品もあるので、

小さいお子さんがいるおうちにも安心して使えますねっ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとマダニは怖いですが、、

対策をなるべくしてまず刺されないことに気をつけたいですねっ

あと刺されてしまったら、薬を上手に使ったり病院などでケアしてもらうといいですね☆

 

 

布団でダニ刺された!症状が出る前の対策にダニ捕りシート

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ