秋の花粉症【ブタクサ】肌荒れや頭痛・体がだるい症状の対策

花粉症といえば、春を連想される方も多いと思いますが、

実は秋の花粉症も多くの人が発症するようになってきました。

患者数は、スギ・ヒノキにつぐ多さです。

 

秋の花粉症の原因はイネ科の【ブタクサ】が大きく影響しています。

血液検査をして自分が何のアレルギーか知っている人は、

覚悟できますが、ご存知の通り花粉症はある年に突然発症します。

Sponsored Link


心の準備もままならないうちに秋に花粉症が発症した方は驚きますよね。

秋の花粉症はいったいどういった症状が身体にでるんでしょうか?

 

今回は、

『秋の花粉症【ブタクサ】肌荒れや頭痛・体がだるい症状の対策!』

としまして、

秋の花粉症の症状や対策をご紹介したいと思います。

 



 

秋の花粉症【ブタクサ】肌荒れや頭痛・体がだるい症状の対策!

 

Print

 

春のスギ花粉やヒノキと違って、秋の花粉症は症状が違うのでしょうか?

 

スギ花粉やヒノキ花粉の症状の特徴

まずは、春の花粉症の症状の特徴ですが、

人それぞれ症状は異なりますが、

おおまかに言えば、

『くしゃみ』
『鼻づまり』
『頭痛』
『目やのどのかゆみ』
『肌荒れ』
『体がだるい』などなど、、

日常生活を送るのに、つらい症状ばかりですよね、、

 

秋の花粉症の代表『ブタクサ』の症状の特徴

ブタクサの花粉症の症状の特徴は、

ほぼ春の花粉症と変わらないようです。

ブタクサの花粉症はアメリカ人にも多いアレルギーのようです。

ブタクサは過去にアメリカからやってきたようです。。(外来種)

 

ただ、ブタクサの花粉アレルギーの人に多いのが、

『喘息になりやすい』という特徴があるようです。

 

ブタクサの飛散時期は?

ブタクサが活発になる時期が毎年だいたい

7月から10月と言われています。

日本の四季で春と秋は穏やかな気候で心休まる時期なのに、

花粉症の症状がでるなんて、なんてつらいんでしょうね、、、

 

春の花粉症に比べて、肌がかゆくなる人も多いようです。

 

対策方法がしりたいですね!

次でご紹介します。

 

秋の『ブタクサ花粉症』の対策方法!

Sponsored Link


花粉症の時期に外にでないで生活出来たら一番の対策ですが、

これでは仕事にも行けないし学校にもいけないので、残念ながらこれ以外で

考えるしかありませんね。

 

外出するときにはなるべく花粉に触れないように、

帽子とマスクの着用は絶対ですよね!

100均で購入できるので、価格的には心配ないです。

 

空気洗浄機を部屋でつける。

空気洗浄機はかなり効果を感じます。

いらない花粉も除去してくれるタイプだと尚いいです。

価格的には少々お高いですが。。

 

ブタクサに近づかない。

以外にも、アチラコチラに生息しているブタクサ。

知らない間に自ら近づいていることも。

草むらや川べり、道端など気をつけましょう。

 

処方された薬を服用

市販薬も大変多く販売されていますが、

一番いいのが、病院で検査して自分にあった自分用に処方された

薬を服用すること。

 

闇雲に、市販薬を試して無駄なお金を使ってしまうこともあります。

一度、耳鼻咽喉科・アレルギー科・眼科などを受診しましょう。

かなり混み合いますが、日々の症状が緩和することを考えたらなんとか

我慢できますよ^^

 

まとめ

あまりたくさんの花粉症を身体に入れると、人によっては

アナフィラキシーショックを起こして命の危険性もあるアレルギーです。

 

対策や防止、薬の服用などでなるべく花粉と上手に付き合っていったほうが、

いいですね。

いつか、画期的な薬が開発されることを願っています。(わたしも花粉症歴10年以上。。)

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ